2011年11月22日

渡邉美樹の勝つまで戦う 超常思考

今回は、「渡邉美樹の勝つまで戦う 超常思考」という書籍です。2009年7月に出版されています。
どんな時代でも絶対にぶれないための思考の軸をはじめとして、経営を成功させる思考法、仕事で成長する思考法、夢をかなえる思考法など盛りだくさんの内容。
現在、社会が様々な岐路にたたされ、困難な時代を迎えています。そのような時代・社会に対抗するためには何が必要なのか、様々な考え方が身につき、実践できます。わたなべ氏の片鱗に少しでも触れたい人にはおすすめできる一冊ではないでしょうか。
思考を変えれば、世界一幸せになれることを軸に新たな戦いへ挑んだ渡邉氏、渾身の書籍になっているようです。
柔道整復師を目指すにもさまざまな道があることを教えてくれます。医療のみに進み勝つまで戦うことを忘れないようにしたいと思います。
ラベル:渡邉美樹
posted by dragon at 16:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

渡邉美樹からの学び

人生、学ぶ場面はいろんなところに存在している。しかし、その学びを享受できるもの、あるいは学べるチャンスに気付く人はそう多くないのではないでしょうか。
学べるけど学びたくない、学びたいけど学べない・・・学ばない場合において、この2つの選択の内後者に遭遇すると非常に苦痛を感じる。そのため、積極的に渡邉美樹の本やブログから学ぼうと思ったのが私が前進して行こうと心に強く持ったきっかけなのである。
人生の大先輩である渡邉氏に追いつくことは不可能かもしれないが、少しずつでも近づくことは可能である。
何百年もかかるかも知れない。でも少しずつ学んで渡邉美樹や尊敬する人に近づきたいと思っている。
ラベル:渡邉美樹 ワタミ
posted by dragon at 11:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

起業そして成長へ

青年社長は、ワタミを設立する前から設立後、成長へと向かっていく様子を事細かに示した小説です。
ほぼ事実に基づいたもので渡邉美樹氏がなぜ成功できたのかよく知ることができる起業家にとってはバイブルとなる一冊ではないでしょうか。
私が最初に読んだのは、もう随分前になりますが、日々の行動指針としていつも青年社長を思い出すようにしています。
これから何を起こしたい、生きがいを見つけたいという人は、一度読んでみてはいかがでしょうか。
渡邉美樹を知らなくても、小説として大変面白い内容となっています。
整骨院を開業してからというもの私のバイブルとしていつも思い出し、よりよいサービスが提供できるように心がけています。柔道整復師・理学療法士としてこれからも邁進して参りたいと思っております。
ラベル:渡邉 美樹 成長
posted by dragon at 10:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。