2011年11月13日

渡邉美樹が贈る88の言葉「きみはなぜ働くか」

本日は、きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉の紹介です。
なぜ人は働き、生きていかなければならないのかを88の言葉から問いている貴重な一冊です。
私たち日本人の多くは会社に属し、一生を会社に尽くします。現代はひとつの会社だけに属すことは少なくなっていますが、様々な会社に属しながら、会社に労働と時間を提供し、その対価として給料をいただくのが現代の会社のあり方です。
本来、労働と給料との交換として対等な立場の会社と社員ですが、日本のそれは台頭とは言えず、なぜか会社の方が立場が上であるかのような振る舞いがあります。
そんな会社でなぜ働くのか。渡邉美樹がさまざまな視点から説いています。
私が理学療法士を目指したのも働く意味について考えをめぐらしたときでした。そのときこれらの言葉が私の心に沁みこんだのです。
posted by dragon at 22:32| 渡邉美樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。