2014年06月13日

柔道整復師のこれから

私が医療資格を目指したのは20代中ごろ。特に好きでもない仕事に就いたがために毎日を悶々と過ごしていました。
そんなとき、雑誌で目にしたのが「柔道整復師」という医療資格。整骨院や医療の現場、スポーツトレーナーなど体の健康を保つための施術を行う専門職です。
独立も可能でいまでは少し歩けば整骨院を見つけられるくらい整復師が独立を果たしています。
ただ、乱立気味であることは否めません。地域によっては歯科医院よりも多いのではないでしょうか。
しかし、このようなときこそ技術に磨きをかけ、ほかの柔道整復師よりもより高レベルの施術で患者さんをサポートできることが求められており、これからはしっかりとした基盤を築いていくのではと思っています。
私も、日々勉強、日々精進でより多くの方をサポートしていくことができれば幸いに思います。
posted by dragon at 18:23| 柔道整復師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

介護と理学療法士

高齢化社会と言われて久しいですが、2050年までに人口減少とともに高齢者の割合が30%を超すと言われています。
渡邉美樹さんも介護事業には力を入れていて、介護職ではなく料理を提供することも信念に日々邁進いているようです。
そして、老後を長く元気に送るために身体の健康の維持・向上を図ることも重要で会うと言えます。
とくに高齢の方は筋肉が弱ると同時に骨や関節に障害が発生することが多々あるのですが、このような維持向上のサポートをするのが理学療法士になります。あまりピンと来ないかもしれませんが、介護と理学療法あ密接に関わっており、今後さらに理学療法士の活動が高齢者の健康を守る、あるいは衰えの予防を行う上で重要な役割を担うことになると思います。
私たちの生活は常に身体的な負担にさらされており、衰えは避けられません。しかし、その衰えを少しでも緩やかなものにし、家族と一緒に元気でいられる時間が少しでも多くなれば幸いに思っています。
posted by dragon at 01:50| 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

希望-渡邉美樹の日本復興プラン

現在日本は1000兆円という途方ない金額の借金をかかえています。この財源問題に活をいれ、何をすればよいのか渡邉氏が解説しています。
・概要
復興財源、政治リーダー、食の安全、高齢化社会、子どもの教育― 5つの大問題を「経営力」で解決する。復興に携わり感じた国の怠慢 、1000兆円の借金をどう返すか、大阪都構想に見る、組織の作り方、安さの追求と食の安全は両立できるのか、不況を理由にする経営者は下の下、年金支給額50兆円突破。
これらの問題に切込みを入れます。
渡邉美樹が、東日本大震災、東京都知事選後、初めて語っています。
posted by dragon at 10:06| 渡邉美樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

大切なことは糸ばあちゃんに教わった―渡邉美樹の 大切なことは糸ばあちゃんに教わった―渡邉美樹の介護事業の原点

ワタミが介護事業をすことを誰が想像したでしょうか。様々な分野に進出を進めていたワタミであるが介護に関しては経営の難しさからもないのではと当時は思いました。3代ほど前のブログでも可能性は低いと書いていたが、お恥ずかしい限りです。
しかし、今となっては難しいからこそワタミにしかできない、ワタミだったら心のこもったサービスを提供できると思うようになりました。
そんな渡邉美樹社長の介護に対する姿勢を気持ちを糸おばあちゃんを通して教えられます。
介護に興味のある方に限らず、渡邉社長の考えを学びたい人にもおすすめです。
ラベル:渡邉美樹 介護
posted by dragon at 10:05| 渡邉美樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

渡邉美樹の勝つまで戦う 超常思考

今回は、「渡邉美樹の勝つまで戦う 超常思考」という書籍です。2009年7月に出版されています。
どんな時代でも絶対にぶれないための思考の軸をはじめとして、経営を成功させる思考法、仕事で成長する思考法、夢をかなえる思考法など盛りだくさんの内容。
現在、社会が様々な岐路にたたされ、困難な時代を迎えています。そのような時代・社会に対抗するためには何が必要なのか、様々な考え方が身につき、実践できます。わたなべ氏の片鱗に少しでも触れたい人にはおすすめできる一冊ではないでしょうか。
思考を変えれば、世界一幸せになれることを軸に新たな戦いへ挑んだ渡邉氏、渾身の書籍になっているようです。
柔道整復師を目指すにもさまざまな道があることを教えてくれます。医療のみに進み勝つまで戦うことを忘れないようにしたいと思います。
ラベル:渡邉美樹
posted by dragon at 16:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

社長・渡邉美樹 −DVD−

今回は、めずらしくDVDの紹介です。その名も「社長・渡邉美樹」。
居酒屋「和民」社長・渡邊美樹のプロモーションDVDとしての色が濃いですが、中身は充実。1分たりとも無駄がないといった感じを受けます。
様々な事業を展開し、いまに至るワタミですが、それまでの道のりは平坦はありませんでした。どのようなことを考え、どのように行動してきたのか、ギュッと凝縮して渡邉美樹社長の人生を垣間見ることができます。同時に企業経営とは何か、その精神論的世界を学ぶことができ、経営のありかた、存在意義など、私たちの身近な事柄にも直結する自己啓発的な部分も合わせ持つDVDであると感じます。心が沈んだときにも見てみると元気がでて前向きになれる、そんなビデオだと思います。
ラベル:渡邉美樹 社長
posted by dragon at 11:21| 渡邉美樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

渡邉美樹が贈る88の言葉「きみはなぜ働くか」

本日は、きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉の紹介です。
なぜ人は働き、生きていかなければならないのかを88の言葉から問いている貴重な一冊です。
私たち日本人の多くは会社に属し、一生を会社に尽くします。現代はひとつの会社だけに属すことは少なくなっていますが、様々な会社に属しながら、会社に労働と時間を提供し、その対価として給料をいただくのが現代の会社のあり方です。
本来、労働と給料との交換として対等な立場の会社と社員ですが、日本のそれは台頭とは言えず、なぜか会社の方が立場が上であるかのような振る舞いがあります。
そんな会社でなぜ働くのか。渡邉美樹がさまざまな視点から説いています。
私が理学療法士を目指したのも働く意味について考えをめぐらしたときでした。そのときこれらの言葉が私の心に沁みこんだのです。
posted by dragon at 22:32| 渡邉美樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

渡邉美樹からの学び

人生、学ぶ場面はいろんなところに存在している。しかし、その学びを享受できるもの、あるいは学べるチャンスに気付く人はそう多くないのではないでしょうか。
学べるけど学びたくない、学びたいけど学べない・・・学ばない場合において、この2つの選択の内後者に遭遇すると非常に苦痛を感じる。そのため、積極的に渡邉美樹の本やブログから学ぼうと思ったのが私が前進して行こうと心に強く持ったきっかけなのである。
人生の大先輩である渡邉氏に追いつくことは不可能かもしれないが、少しずつでも近づくことは可能である。
何百年もかかるかも知れない。でも少しずつ学んで渡邉美樹や尊敬する人に近づきたいと思っている。
ラベル:渡邉美樹 ワタミ
posted by dragon at 11:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

起業そして成長へ

青年社長は、ワタミを設立する前から設立後、成長へと向かっていく様子を事細かに示した小説です。
ほぼ事実に基づいたもので渡邉美樹氏がなぜ成功できたのかよく知ることができる起業家にとってはバイブルとなる一冊ではないでしょうか。
私が最初に読んだのは、もう随分前になりますが、日々の行動指針としていつも青年社長を思い出すようにしています。
これから何を起こしたい、生きがいを見つけたいという人は、一度読んでみてはいかがでしょうか。
渡邉美樹を知らなくても、小説として大変面白い内容となっています。
整骨院を開業してからというもの私のバイブルとしていつも思い出し、よりよいサービスが提供できるように心がけています。柔道整復師・理学療法士としてこれからも邁進して参りたいと思っております。
ラベル:渡邉 美樹 成長
posted by dragon at 10:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

渡邉美樹の「あと5センチ、夢に近づく方法」

今日は、渡邉美樹氏の「あと5センチ、夢に近づく方法」をご紹介します。
渡邉氏の綺麗ごとではない成功の法則が満載されている書籍の一つです。
これから起業を目指す人や名や美を抱えている人にとっては、携帯しておきたい一冊だと思います。
レビューでは、起業家、経営者の悩みを回答、繰り返し読むことになりそう、元気が出る本など等、心にしみる内容に感銘を受けられている方々の熱いコメントが寄せられています。
まずは立ち読みでもいいので、ぜひ、手に取ってみてください。
posted by dragon at 16:10| 渡邉美樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。